大井競馬3日目

大井競馬も3日目。
通常開催なら金曜日は最終日。
変則開催なので日曜日が最終日。
明日の土曜日も開催されてるなんて嬉しいことです。
明日なら仕事終わってからでも現地に行けば2鞍出来る。



今日は毎月恒例の夕方からの会議。
メインは見れないし最終だってギリギリ。
まぁ、明日も大井があるからいいか。


なので勝負は早いレース。


大井3R
2歳の外廻り1400戦。
小久保厩舎の⑤カムナビ。
小久保師とは古くはジョーイロンデルなどの馬主である上田けい子氏との繋がり。
今は娘の江吏子氏が引き継いですべての馬を小久保に預けてる。
地方競馬では小久保以外には預託してないという根っからの小久保通。
小久保にしてみればドル箱の安全牌なのだ。
そんな昔からの馬主の為に負けるレースを選択する訳がない。
初戦も保園がポカやって前走は小久保厩舎主戦の左海を配した。
左海とて上田氏の馬なら下手な騎乗が出来る訳がなかろう。
保園あたりじゃまだジョーイロンデルが戸崎で重賞を勝った時代はまだランドセルを背負ってるならどれけ大切な馬主かわかならいだろう。
今回も左海なら大井でも。
相手は少頭数なら軽量を生かして臼井。
馬連ワイド
①-⑤

大井5R
C2の内回りマイル戦。
差しにまわすと滅法いい騎乗する横川。
人気は大外の西だろうけどマイルでは取りこぼしがあるし外からの逃げはマイナス。
ならば横川に差してもらおう。
開催も3日目になると差しも決まるはず。
馬連
⑧-③⑤⑥⑦⑪


大井12Rサマーナイト賞
B3選抜牝馬の内回り1500戦。
前走故障で除外のオーブスプリング。
まともならこれ。
道営時代はエーデルワイス賞であのリエノテソーロの4着。
京浜盃2着のピンクドッグウッド、東京プリンセス賞2着のアップトゥユーとは0.2差。
まともならB3クラスなら上位の存在。
しかしこれが初の古馬対戦で故障明け。
ならばB1相手とも戦ったエヌティボタン。
内回りのほうがいい。
最終の町田というのもイメージがある。
ここで町田かよ~~~なんて何回言ったことか。
相手はオーブスプリング。
そしてそろそろ達城だろう。
メジャーメアリー。
3連複
⑫-④⑭-④⑭①⑥⑩⑯
馬連ボックス
④⑫⑭

大井競馬2日目・王冠賞

大井競馬も2日目。

初日に勝負の重賞で重傷になってしまいました。


大井7R
3歳の6ハロン戦。
3連複
⑧-⑤⑥⑩⑫⑮


大井9R盛夏特別
C1のマイル戦。
初古馬相手に勝ったコメンディー。
9頭立てなら前走の再現があるか。
3連単
⑦-⑤-①②③⑥
⑦-①②③⑥-⑤
馬連ワイド
⑤-⑦


大井11Rシーサイドカップ
A2の準重賞の6ハロン戦。
アピアとサニーデイズの一騎打ち。
アピアの逃げは誰でも想定してるので目標になる。
それなら柏木サニーデイズ。
共に中央1600万の馬だがアピアは大井ー中央ー大井の元大井の馬。
対するサニーデイズは純粋な中央の馬。
力はこちらが上のはず。
相手は中野で復活したファイヤープリンス。
3連単
④-⑤-③⑥⑦
④-③⑥⑦-⑤
馬連ワイド
④-⑤


今日は門別最終日。

道営最後の1冠の王冠賞があります。

門別11R王冠賞
2冠のベンテンコゾウ。
まともなら強いです。
正直、道営勢では太刀打ちは困難。
岩手だろうがどこだろうが出走していいけど
地元にダービーがあるのに敢えて道営というのは地元のファンも裏切るのでそういうのは個人的に許せない。
ベンテンコゾウ馬券にはなるはずなので単勝で道営勢を応援。
単勝
②スカイロックゲート
⑤モンサンルリアン
共に名門下河辺牧場生産。
可能性はゼロではないはず。

結果・愛馬情報

サンタアニタトロフィー、ゴーディ―でしたか。
しかし鞍上も還暦、馬も9歳。
参りました。
エイシンヴァラーダメでした。
あそこまでダメなら諦めもつきます。
ただやはり京成盃GM組が絡みました。
それに岡部まだ大井の砂の特性を掴んでいません。
赤岡でさえ大井で結果を出せたのは期間限定で騎乗して数年経ってから。
まだまだ騎乗期間があるのですから是非頑張って欲しいものです。

それにしても内の前残りの馬場が初日の印象。
ある程度前に付けないと苦しいですね。
それを踏まえて明日の予想をします。

仕切り直しで明日から出直しです。


久しぶりに愛馬情報を。

更新がありました。

ジェネラルシップ1

ジェネラルシップ
父ルーラーシップ
母バロネッセ
母の父Theatrical
牡2歳
美浦:黒岩陽一厩舎
2017/07/20
美浦トレセン
本日、松風馬事センターから美浦トレセンに帰厩。今のところ、次走は8/5新潟芝1800・混を目標

2017/07/23
美浦トレセン
美南坂良 58.3 43.5 28.7 14.2  馬ナリ余力

2017/07/26
美浦トレセン
美南W重  68.6 52.5 39.0 14.0  一杯に追う
スプリングマン(二オープン)馬ナリの内を0.5秒追走0.2秒遅れ
内田博幸騎手が騎乗して、ウッドチップコースで併せ馬で追い切り。テンは2馬身ほど追走。コーナーでは軽く促されながら前との差を詰め、並んで直線に向く。終いは一杯に追われるが、いまひとつ反応が悪く、半馬身ほど遅れてゴール。今のところ、次走は来週の新潟(土)芝1800・混に出走予定。更に追い切りを重ね、出走態勢を整えていく。「デビュー前の調教やレースでもそうでしたが、今日も促されてやっと動いているといった感じでしたね。まだ本気では走っておらず、追い切り後も余力は残っているんですよね。内田騎手からも『背中の感触は良い』と素質は評価してもらいましたし、あとは、いかに本気で走れるようにさせるかなんですよね」(師)


次走は8月5日土曜日の新潟芝1800混合ですか。
田辺が怪我で騎乗できないのはちょっと痛いですが鞍上は内田なんでしょうか。
東京の時のようにパドックで落とさないようにしてほしい。
デビュー戦がジナンボウの3着なら多少の人気になるかもしれないですね。
ただまだ本気じゃないならもう数戦使って秋の未勝利で脱出出来れば上出来でしょう。
日曜日なら新幹線で行くことも考えたけど土曜日は無理だ。
今度は会社で応援です。


アプローズスカイ1

アプローズスカイ
父マンハッタンスカイ
母ソプランマリダフ
母の父Persian Bold
牝3歳
栗東:吉村圭司厩舎

2017/07/25
吉澤ステーブルWEST
もう一段階負荷を強め、日によっては坂路でハロン16秒くらいで乗っている。本馬としてはふっくらと見せるようになり、休養の効果で馬体は良化。まだびっしりと時計は出していないが、元々が仕上がり早のタイプで特に問題はないだろう。しっかりと長めに調整したことで充分に態勢は整っている。なお、明日の検疫で栗東トレセンに帰厩する予定。「体がふっくらしてきましたね。これならトレセンに戻って、すぐに時計を出せると思います。なんとか頑張ってほしいですね」(担当者)

2017/07/26
栗東トレセン
本日、吉澤ステーブルWESTから栗東トレセンに帰厩。


こちらは本日栗東に帰厩しましたね。
仕上がり早のタイプなので坂路を数本追えば体制は整いそうです。
ただ3歳未勝利。
もう後がないので今度は砂を使ってくれないだろうか。
何となく砂のほうが走るように思うんですよね。
まぁ、こっちは素人だから調教師の考えることですけど。
砂なら奥の手で地方競馬の交流戦で未勝利脱出という手もあります。
いずれにしても次走はきっと小倉あたりでしょうね。
発表を待ちたいと思います。

大井競馬初日・サンタアニタトロフィー

変則開催の南関東競馬。

水曜日だが今日から大井開催。
初日の今日はサンタアニタトロフィーが開催。
真夏のマイラー決定戦。

門別競馬も2日目だが明日の最終日が目玉。
ホッカイドウ競馬3冠目の王冠賞が開催。
憎きベンテンコゾウの3冠を何としてでも阻止して欲しい。
ベンテンコゾウが岩手にいる間に他の馬は古馬と対戦して力を付けてる。
楽しみは明日。


大井11Rサンタアニタトロフィー
何が何でもハナという馬はいない。
それなら1枠のゴーディーがハナ。
しかし外からノーキディングが競りかけるかもしれない。
こっちも逃げてこその馬。
トーセンハルカゼ、アンサンブルライフあたりも前か。
しかし、小久保は5頭ここに持ってきてるので楽には逃げさせないと踏む。
5頭で作戦を練ってるはず。
5頭出しがいるのでゲートが開くまで展開は読めない。

ローテーションからステップレースは京成盃GM組がここ4年絡んでる。
ここから狙うのがまともな予想。
だが、ここは転入緒戦のエイシンヴァラーから。
中央OPからの転入ならいきなりの重賞でも格負けすることはない。
それに出がらしでの転入ではない。
今年の1月にはジャニュアリーステークスで勝利。
短距離での勝ち鞍が多いが小回りローカル福島の1700で1着3着があるように距離は問題ない。
それに同じ右廻りならコーナー4つでもこなせるはず。
最終追い切りが秀逸。
浦和本場で67.3-50.0-35.6一杯。
昨日のブルドックボスが
65.5-49.9-36.8を強めであの競馬。
同じ中央OP馬なら逆にこっちのほうが上かも。
ブルドックボスが58キロで不利がありながらあの競馬ならエイシンヴァラーでも足りるはず。
この最終追い切りで体制は整った。
鞍上は現在全国地方競馬のリーディングの岡部。
開催2回目ならそろそろ砂にも慣れたろう。
因みに怪我する前でも森は全国3位ですから。
ここは丁半博打でエイシンヴァラーから。
大井適性がなければ惨敗。
それならそれで諦めもつくってもんだ。
ブリンカー着用なので出来れば先行だろう。
相手は京成盃GM組からコンドルダンスにムサシキングオー。
コンドルダンスは去年のマイルグランプリ2着と同じ3枠。
そのマイルグランプリを勝ったセイスコーピオン。
前走の武蔵野OPで復活の兆しが見えた。
鞍上も赤岡を配して万全の体制。
紐にはゴーディー、アンサンブルライフ、トーセンハルカゼ。
そして中央OPから転入緒戦は惨敗したグレナディアーズ。
前走の京成盃GMは度外視。
全5勝を挙げてる右回りなら今度は鞍上吉原で怖い。
出来も調教走る昨日惨敗のフラットライナーズと併せて破格の時計。

3連複
⑮-③⑬⑭-③⑬⑭①④⑨⑩

結果

2017071411.jpg

今日の勝負は6R
東原を狙ったのですが、見事2着。
赤岡も頑張って3着。
配当も想定外の万馬券。

これで初日と最終日に万馬券で締めて上々の大井開催になりました。

プロフィール

南関東

Author:南関東
地方競馬を
こよなく愛する
競馬好きです。


にほんブログ村

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
371位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
183位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索


RSSフィード
最近のトラックバック