大井競馬3日目・東京ダービー

大井競馬も3日目。

南関東2冠目の東京ダービー。


大井11R東京ダービー
羽田盃はキャプテンキング、ヒガシウィルウィンの一騎打ち。
3着には1.1秒差をつけての羽田盃。
東京ダービーは過去を紐解いても決して順当な結果はない。
羽田盃で1.1差というのはかなりの差のように思うが
過去にはインサイドザパークが羽田盃でアウトジェネラルの1.6秒で3着だった。
これを東京ダービーでは跳ね除けて優勝。
そして羽田盃と東京ダービーの2冠を取ったのは多そうで少ない。
古くはシーチャリオット。
その後はクラーベセクレタ。
そして次に2冠になったのがハッピースプリント。
馬も然ることながら騎手だ。
シーチャリオットには当時他を寄せ付けないリーディングの内田。
クラーベセクレタには戸崎。
ハッピースプリントには天才吉原。
やはり名騎手だからこその2冠だと思います。
では過去の東京ダービージョッキーでこいつが!!というのが
キングセイバーの酒井にビービートルネードの町田。
これくらいが意外な騎手。
プレティオラスの本橋は基本上手い。
デビューしてからすぐに高知に武者修行しただけあって上手い。
なのでダービージョッキーとしても意外ではない。
東京ダービーは中央の日本ダービーと同じく勝つのは難しいのです。
3強時代のトップサバトン、アンパサンド、フリオーソの時だってトップサバトンが羽田盃を勝ってもダービーはアンパサンドだった。
あのフリオーソでさえもダービーは2着なのです。
例外はアジュディミツオー。
デビュー2連勝の後に東京湾カップを勝って3連勝で東京ダービー出走。
ここもあっさり勝って4連勝で東京ダービー馬になった。
やはりアジュディミツオーは名馬なんです。
鞍上も当時勢いの絶頂の石崎だからこそ。
名馬には名騎手が常にいるのです。

今年の東京ダービー。
強いのはきっとキャプテンキング。
去年のバルダッサーレは東京ダービーからの参戦であっさり。
キャプテンキングは羽田盃を経由しての東京ダービーなのでここは前走以上だと思う。
ただ鞍上が矢野。
上手いかって聞かれたらやはり森のほうが上だと思う。
それは矢野が高崎、森が宇都宮の北関東時時代から変わらない。
実際に何回も彼らの若い時を現地で見てきてそう思う。
森だってダービージョッキーになりたいだろう。
ここは騎手の技量を考えると逆転もあると思います。
なので3着狙いでいきます。
羽田盃の3着は勝ち馬と1.1差。
同じく5着のクラキングスも1.1差。
カンムルだって1.5差。
上位2頭以外は混戦なのは羽田盃を見てもわかります。
それなら柏木から吉原に代わったクラキングス。
クラシックトライアルでは柏木でさえブラウンレガートの2着なら騎手が代われば伸びシロがある。
吉原はクラキングスには若獅子特別で騎乗してるので初騎乗じゃない分有利でしょう。
柏木から吉原に代わったことで1.1差だったのが0.6差くらいまではなるはず。
それくらいの差はあります。
ならばここは吉原に賭けてみたい。

ワイド
⑨-⑪⑬


門別12Rルーラーシッププレミアム
休みの期間限定で遠征しなかったジャストフォファン。
それが功を奏した感じ。
3連複
⑤-④⑧-④⑧①⑥⑨

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南関東

Author:南関東
地方競馬を
こよなく愛する
競馬好きです。


にほんブログ村

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
319位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
173位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索


RSSフィード
最近のトラックバック