大井競馬3日目・羽田盃

昨日は金沢でSJTの出場の切符を賭けたワイルドカードが開催。
各地区の出場者から漏れた騎手たちのリベンジ戦。
切符を手にしたのは岩手の村上、兵庫の田中。
この2名を加えての盛岡でのSJT第1戦、園田の第2戦。
これを勝ち上がって夏の札幌で地方代表として出場します。
外人、中央の騎手に一泡吹かせて欲しいものです。


今日は南関東クラシック第1弾、羽田盃。


大井11R羽田盃
前走京浜盃を勝ったヒガシウィルウィン。
前売り人気は僅差だが3番人気。
これは意外だ。
1番人気は中央から転入緒戦のキャプテンキング。
去年の東京ダービーもバルダッサーレが移籍緒戦で大差勝ち。
それとダブってるんだろう。
去年の羽田盃、タービュランスが勝ったが時計は1:55:5。
これは羽田盃が2000から1800に変更になって20年だが過去最低の時計。
昔のトライアルの時計だ。
過去と比べるとバルダッサーレに負けて当然の東京ダービーだった。
去年のタービュランス、京浜盃も勝ってるがその時計は1:49:3。
これも過去20年で最低の時計。
去年の3歳はこんなレベルだった。
なので東京ダービーでバルダッサーレが勝ったのは当然。
今年はどうか。
ヒガシウィルウィンの勝った京浜盃。
時計は1:48:5。
申し訳ない、これも過去20年で3番目に悪い時計。
過去最低がタービュランスだから間に1回あるだけ。
とてもじゃないが自慢できる時計じゃない。
だからキャプテンキングが人気になるのもわかる。
ここは2番人気に押されてるがクラキングス。
道営から転入して連対を外してないのは相手なりに走る証拠。
ブラウンレガートと差のない競馬だったクラシックトライアル。
負けて強しの競馬。
そして前走距離を伸ばしてのチューリップ特別。
今回、距離を短縮させてのここはメイチの勝負とみた。
蛇足ですが
ブラウンレガートがクラシックトライアルですでに東京ダービーの優先出走権を得てるので万全を期しての羽田盃回避。
厩舎が的場の念願の東京ダービー勝利の為の回避と思ってます。
クラキングス、初のヒガシウィルウィンとの対戦だがブラウンレガートを物差しにすれば好勝負になるはず。
まとめてキャプテンキングにやられたら東京ダービーも持って行かれるということでしょう。
そうならないことを願いつつのクラキングス本命。
使い詰めなのでここを勝つようなことがあれば東京ダービー回避でしょう。
相手はヒガシウィルウィン、キャプテンキング。
そして純粋な南関東馬のミサイルマン。
京浜盃は休み明けに加えて馬体が落ちてた。
一度叩いたら立て直しは効くはず。
そして南関東デビューのキングガンズラングにキャンドルグラス。
馬連3連複
②-①③⑨⑬⑭


大井10Rアルクツールス賞
OPの1400戦。
重賞級の好メンバー。
これで賞金590万は安すぎだろう。
地元レースをスルーしてここ狙いのコンドルダンス。
大外でもこの頭数なら差せる。
馬連3連複
⑩-①③④⑥


金子の1騎入魂がブックに掲載されてます。

IMG_1187.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南関東

Author:南関東
地方競馬を
こよなく愛する
競馬好きです。


にほんブログ村

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
213位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索


RSSフィード
最近のトラックバック