浦和競馬2日目・門別競馬

浦和競馬は2日目。


そしてホッカイドウ競馬の門別も開催。
こちらはナイターなので楽しみです。



浦和11Rプリムローズ賞
A2以下の1400戦。
どのレースでどの馬が強かったか。
ここでは2月の多摩川オープンを取る。
多摩川オープンに出走していたのはインフォーマー、バーンザワールド、ジョーオリオン、シグナルプロシード。
結果はバーンザワールドが2着、シグナルプロシードが3着、インフォーマーが5着、ジョーオリオンが10着。
その中でも一番強い競馬をしたのがシグナルプロシード。
バーンザワールドは森の好騎乗で捲って直線インフォーマーと共に先頭。
その後ろにいたのがシグナルプロシード。
しかし、シグナルプロシード、前の2頭が壁になってなかなか抜け出せなかった。
ゴール前1ハロンのところで馬群がばらけてやっと外に持ち出せた。
そこから追い上げたが届かず3着。
勝ったトキノエクセレントは何にも邪魔されず内から差した。
それよりも前が壁だったシグナルプロシードが多摩川オープンでは一番強い競馬をした。
続く弥生杯は位置取りが後ろすぎ。
ジャーニーマンが人気薄で逃げたレース。
これは丹内がスタートして内に入れて両側の馬に挟まれキョロキョロ。
お前はキョロちゃんかって。
新人のあんちゃんじゃないんだから挟まれてオドオドしてどうする。
下げた時点で負け。
あれは完全に丹内の騎乗ミス。
度外視。
距離はマイル以下がベストなので中央転入4戦目。
内を見れる枠で鞍上本橋なら狙わない手はない。
人気になるバーンザワールド、インフォーマーより強い競馬をしたなら今度こそ。
不気味なのはアンサンブルライフ。
休み明け走るし真島復帰でここは小久保が復帰祝いを用意した感じ。
単勝
⑩シグナルプロシード
馬連
⑩-①②③④⑧



そして夜は門別があります。


門別10Rジャスタウェイ・プレミアム
6ハロンの電撃戦。
コールサインゼロにアウヤンテプイ。
この2頭が出走してレースの格を上げてる。
まともならこの2頭の一騎打ち。
しかし、共に先行する馬。
前が速くなると直線何かが来そう。
当然この2頭は有力。
他はクリーンエコロジーと0.5差の道営スプリントの実績があるサクラインザスカイ。
中央から転入して連勝して瑞穂賞、道営記念と負けたバラブシュカ。
この距離でこのメンバーなら巻き返しがあってもおかしくない。
そして中央から転入緒戦のメイショウノーベル。
3連複ボックス
②③⑥⑦⑧

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南関東

Author:南関東
地方競馬を
こよなく愛する
競馬好きです。


にほんブログ村

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
262位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
123位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索


RSSフィード
最近のトラックバック