川崎競馬最終日・金子最後の日

川崎競馬も今日で最終日。

最終日は別れの日でもある。

猫背のネコが引退。
森下がまだ現役で頑張ってるのに惜しい。
騎乗にこれほど特徴のある騎手も珍しかった。
遠目に見ても誰が金子かすぐわかる騎乗。
鞭を置くまで無事に騎乗して欲しい。

そして期間限定で騎乗していた吉原が今日で終了。
再び地元に戻りながら各地の重賞で騎乗するんだろう。
南関東にいい刺激を与えてくれました。


川崎10R春光特別
B3の900戦。
タケルアロー以外はパッとしないメンバー。
差せるかどうかわからないがここは金子に有終の美を飾って貰おう。
キョウエイビーナスはこの距離パーフェクトの連対率。
前に行く馬が多いなら得意の追い込みでネコ騎乗を見せて貰おう。
猫背で追う姿はもう観れないのだから。
相手はタケルアロー、タイセイメテオ、シゲルミマサカ、タイセイバラゴン。
馬連3連複
⑤-①③⑦⑧


川崎11RかなチャンTV1周年記念杯
B2の1500戦。
使ってきたレースレベルで比べるとベイビータピットがアタマ一つ抜けてる。
2走前の中央交流のディセンバースター賞は上位3頭の競馬。
勝ったのは昨日のメインで断然人気でジャーニーマンの2着だったタマモベルモット。
この時は自分の競馬で盤石の勝利。
2着も中央のコスモエルデスト。
その3着がベイビータピット。
負けて強しの競馬。
次走(前走)はしっかり勝利した。
準重賞で2着だったタマモベルモットと差のない競馬をしていたらここでは能力上位。
相手はキングスベンチ。
明け4歳だが圧巻だったのが2走前のカワサキハロウィン20周年記念賞。
当時はまだ3歳。
それで水曜日のエンプレス杯で8着のトーセンマリオンを下しての1着。
3歳の馬が交流重賞に出走する馬を下して今回B2のレース。
使ってきたレースレベルが違う。
そしてサトノダヴィンチ。
前走はワットロンクンを下しての1着。
そのワットロンクン、次走の中央交流B2B3混合で1着。
弱い相手の連勝ではない。
前走湘南にのみや菜の花記念を逃げ勝ったケイエスソード。
しかし、強かったのは2着のシゲルジダイマツリ。
現に次走に勝ってる。
ケイエスソードよりもこのレースの3着のドリームキングのほう。
ケイエスソードは消し。
そして3走前のサンタクロース特別でゼンノウラヌス、グッドネスを退けたシゲルオオカミザ。
見限り早計。
馬連3連複
⑦-⑩②⑫①


にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南関東

Author:南関東
地方競馬を
こよなく愛する
競馬好きです。


にほんブログ村

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
105位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索


RSSフィード
最近のトラックバック