結果・佐々木竹見カップ

2017013111.jpg

佐々木竹見カップ、第1戦は繁田が勝利。
繁田、ここで頑張らないでいいんだから。
メインでやってくれればいいんだよ。
岩田と同じように、やっぱ下原か~~。って下原2着でした。
自分的には、やっぱ繁田か~~~、という思いでした。
だって繁田さえいなければ全部持ってるんだもん。


そして第2戦。
繁田軸にしてる自分としては9Rで勝ってるだけに嫌な予感がプンプン。
しかし、直線、繁田内からスルスルと抜けて来ましたよ。
思わず、差されるな!!と声に出ました。
繁田、去年このレースで同じ馬に騎乗してるだけあってやってくれました。
上位2頭が人気なだけに配当は期待してなかったけど
思った以上の配当で明日の川崎記念の資金になりましたよ。


今年の佐々木竹見カップの総合優勝は我が南関東浦和の繁田健一。
おめでとう!繁田!
ありがとう~~~繁田。


そろそろこういう騎手の交流レースは若手に世代交代して欲しいですね。
ただ世代交代したくても技術が追いついていないのも実情。
正直、森や矢野あたりは見本にならない。
内田や戸崎がいた時は見本になったけど今は吉原や赤岡、道営の騎手の背中を見て技術を磨くしかない。

ただ嬉しいニュースも。
3年騎手浪人していた御神本が1次試験合格。
ということは2次は形だけだから4月から騎乗です。
期間限定で騎乗していた藤井勘一郎騎手もこう話しています。

こちら↓
藤井勘一郎インタビュー

腐ることなく藤井を食事に誘ったり大井のことを教えたりしていたんですね。
だから藤井もあんな成績を残せたと思います。


御神本、マスコミには取り上げられてないけど調教をいつも付けていました。
その声は浦和の馬主さんたちにも届いていました。
去年、試験に落ちた時も馬主さんが
馬鹿な奴だな、と笑いながら話してくれたのを覚えています。
その言葉の裏に熱いほどの愛情を感じましたよ。
ただ三坂師や騎手会には多大な迷惑を掛けたのだから
これからは競馬で恩返しして欲しいですね。
最後の天才吉原との地方2大天才の対決は
吉原が期間限定が終わるので叶わないけど
真面目に騎乗さえしていれば馬主、調教師からは依頼が来るはず。
益田時代の栄光はドブに捨てて南関東の新人のつもりで一から出直して欲しい。

笹川、瀧川、保園など若手は御神本の悪いところは無視して
いいところだけを盗んで切磋琢磨して的場内田戸崎がいた頃の黄金時代を再び築いて欲しいものです。


にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南関東

Author:南関東
地方競馬を
こよなく愛する
競馬好きです。


にほんブログ村

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
374位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
211位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索


RSSフィード
最近のトラックバック