宝塚記念

オルフェーブルの回避は残念ですが、豪華なメンバーになりました。
ここはドバイ帰りのジェンティルドンナから。
日本の競馬は不思議で海外のレース帰りの後は好成績が多い。
古くはスピードシンボリの凱旋門賞の後の有馬優勝から
今年の香港ヴァーズからのダイヤモンドステークス2着のジャガーメイルまで
好成績を残してるのが多い。
凱旋門賞後のJC優勝のディープインパクトは鮮烈な記憶がある人も多いかと。
ジェンティルドンナのJCは3歳の牝馬ということを考えたら強いの一言。
そしてレベルが高かったレース。
大外からスタートして先行するなんざ3歳牝馬の出来ることではない。
騎乗云々を言われてるがそんなにひどくなかった。
あれを酷いと言うなら池添はトールポピーで取ったオークスを返上するのが筋。
自分のことを棚に上げてはいけない。
騎乗も危険で騎手は死と隣り合わせと言われてるが
労災の事故死亡率からすると騎手よりも建設業のほうが遥かに高いのだ。
騎手だけを特別視する必要はない。
だから死亡にも至るからというのはどんな職業でもあること。
モラルの問題とかならわかる。
それとて教科書通りの騎乗するくらいならもっとガッツリやってもらいたい。

シルポートの逃げは定石でその後にトーセンラーか。
後はその時の位置取りで決まる。
阪神内回りで2200は息を入れるところがない。
菊花賞や天皇賞春なら息を入れて一気の捲りも嵌るけど
このメンバーで内回りでそれをやれるかと言えば無理。
ゴールドシップはゲートが開いていつもの位置なら天皇賞の二の舞。
馬がレースでの位置を憶えた今、中団、前に付けるのは疑問。
それならば自分で位置を取れるフェノーメノ。
天皇賞はフロックとは思わない。
競馬を作れたのが勝因だったのでしょう。
ここでも自分の競馬が出来たら好レースになるか。

単勝ジェンティルドンナ
3連単
⑪-③⑥-③⑥⑩①④



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは

そうなんですよねぇ

建設業の方がはるかに危険なんですよね
しかも建設業の下っ端は保険だのあるにしても

中央競馬の中堅以上ほどのリターンもないですしねぇ

ついでに競馬がそれでも危険なのは
事実にしても

いつかなんかのドキュメンタリーで

英国の調教師が言ってたんですけど

「巧い騎手が富と栄光を独占するのは当然の事」
「彼等は世界一危険なスポーツで死線をくぐりぬけて常に先頭に立つのだから」

って言ってたのがとても印象的なんですよね

確かそれってスミヨンを褒めてた時に
使われてた気がするんですけど

まあ

スミヨンも何かと問題の多い騎手ではありますけど

それでも勝つべき時に勝つだけ凄い騎手なんですよねぇ

言動だけがお利口な騎手にはできない事を

スミヨンや岩田はやってのけるだけ凄いんですよねぇ

ではでは
宝塚記念がんばりましょう!

やはり世界の1流ジョッキーはすごいですね。
競馬も格闘技で日本みたいにお行儀よく騎乗していては太刀打ちできません。
サルみたいに野性味あふれて外人にぶつからないと勝てませんね。
日本競馬は世界で一番安全で、隙が一杯で外人には楽勝の競馬です。
もっと闘争心を持って騎乗してほしいと思います。

宝塚も大井も惨敗でした!!
プロフィール

南関東

Author:南関東
地方競馬を
こよなく愛する
競馬好きです。


にほんブログ村

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
313位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
152位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索


RSSフィード
最近のトラックバック