愛馬情報

更新がありました。

ジェネラルシップ

ジェネラルシップ
父ルーラーシップ
母バロネッセ
母の父Theatrical
牡2歳
美浦:黒岩陽一厩舎

2017/05/31
美浦トレセン
美南W良  52.0 38.2 12.7  一杯に追う
ミュゼエイリアン(古オープン)馬ナリの内を0.3秒追走0.1秒遅れ
木幡初也騎手が騎乗して、ウッドチップコースで併せ馬で追い切り。テンは1馬身ほど追走。並んで直線に向き、そこからムチが入るなどして一杯に追われたが、半馬身ほど遅れてゴール。相手は古馬のオープン馬で、手応えが見劣ったのは致し方なし。時計はまずまず出ており、良い感じに出走態勢が整ってきている。今のところ、来週の東京(日)芝1800・混に田辺騎手でデビュー予定。更に追い切りを重ね、出走態勢を整えていく。「さすがにオープン馬相手では最後離されてしまいましたが、一生懸命に喰らいついていましたね。現時点で半マイル52秒で動ければ充分でしょう。まだまだ心身ともに幼さが残っており、フルスピードでの走り方が分かっていない状況ですが、追われつつ理解が進んでいくでしょう。現状ではじわじわと伸びてくるタイプのようなので、東京コースは合うと思います」(師)

3歳時には毎日杯優勝があるミュゼエイリアンと併せ馬。
喰らいついてるんだから新馬にしてはいい根性してます。
このままなら11日の府中5Rの新馬戦になりそう。
鞍上も田辺を確保してるなら掲示板はあるかもしれない。
これは楽しみです。


アプローズスカイ

アプローズスカイ
父マンハッタンスカイ
母ソプランマリダフ
母の父Persian Bold
牝3歳
栗東:吉村圭司厩舎

2017/05/31
栗東トレセン
栗E良  14.9 ゲートナリ
本日、ゲート試験を受けた。入りや駐立は至ってスムーズ。発馬もタイミング良く切っていた。2本目は若干枠内でガタついたが、ほぼ問題のない程度。スタートもポンと決め、出てからのダッシュもなかなか速かった。一連の流れに気になる点はなく、見事、1発で合格。今後は徐々にペースを上げ、デビューの態勢を整えていく。「最初の頃寄り付きが悪かったのは、隣でガタガタしていた馬を気にしていただけ。そのあとは順調にきましたし、ゲートはまったく問題ありません。(ゲートを)出してからの手応えも良いですからね。走りそうな雰囲気がありますよ。これから速いところを始めてどうかというのはありますが、期待しています」(助手)


今日ゲート試験合格です。
これからレースを決めていくのでしょう。
でも、未勝利引退までいいところ3戦くらいしか走れないでしょうね。
下手したら2戦で引退かもしれない。
それでもサラブレッドに生まれたからには一度はターフを走らせたい。
マンハッタンスカイの血なので繁殖に上がるのは間違いないので
広い競馬場で思いっきり走る喜びを母であるアプローズスカイには覚えて欲しい。
未勝利でも怪我さえしなければいい。
またアプローズスカイが子供を産んだら申し込むからね。
この仔は無事なら未勝利でいいです。

結果

2017053111.jpg


9Rはピットアリエス3着。
前走がC1ということを踏まえれば上出来の部類。
足元を掬われるというのが当たったけど3着。
これがCクラスとBクラスの違い。
小久保とてそう簡単には勝たせてはくれない。

10Rはウエスタンプリンスの勝利。
ゴール前はシャドウシティーに詰め寄られる場面があったが完勝。
対抗にしていたダイチが除外で返還。
除外にならなければウエスタンプリンスに詰め寄れたはず。
Bクラスのレースで3着になったビットアリエスを物差しにすればCクラスのここなら好勝負が出来ていたはず。
次走のダイチの走りには注目しておきたいところ。

メインは牝馬限定戦じゃないのにホワイトフーガ圧勝。
これは蛯名の騎乗が大きい。
仕掛けるタイミングが早いかと思ったけど
重賞のメンバーならあそこで仕掛けるのが正解。
これは完敗でした。

浦和競馬3日目・さきたま杯

浦和11Rさきたま杯
3連単
⑧-②-①⑤⑥⑪
⑧-⑥⑪-②


浦和9R行田市観光協会会長賞
3連単
④⇔②⑤⇒②⑤①⑫


浦和10R薄暑特別
3連単
④ー③ー②⑤⑦⑩

結果

2017053011.jpg


今日のレース選択は堅いところを狙ったので
配当に関しては致し方ない。
ただ5Rは相手を間違っていた。
これが痛かった。
メインは矢野がしっかり3着確保してくれて助かった。
相変わらずの綱渡り。
それでも当たりが出てるのだからよしとしないと。

浦和競馬2日目

浦和競馬も2日目。


浦和5R
C2の800戦。
電撃の4ハロン戦。
アンジュディアブルが逃げてそのまま。
喧嘩する馬も見当たらないし焦点は2着3着争い。
絶対的な馬がいる時はそれ以外の馬全部にチャンスあり。
11頭立てだから10頭に流せば当たる。
後は配当との闘い。
さすがにそれは面白くないのでしっかり予想します。
浦和では結果を出してないスマートシュガー。
C2クラスでは仕方ない。
結果が出ている馬ならもっと上のクラスにいる訳だから。
去年の暑い時期船橋短距離で差して馬券になってるなら
ここでも先行馬を観ながら直線差せるはず。
ただ浦和を走り慣れてない濱田。
だが濱田は騎乗数は少ないが地元船橋では結構うまい騎乗をする。
問題は位置取りだけ。
あまりに後ろからなら3着だって無理。
包まれない競馬さえすれば馬券になるはず・・・・だが。
3連単
⑦⇒⑤⇔①③④⑥⑧⑩⑪


浦和11Rエメラルドカップ
A2B1混合の1500戦。
自己条件ならレアヴェントゥーレ。
浦和6.1.0.0なら絶対か。
前走は大井重賞でハナを切れなければ仕方ない。
浦和1500の持ち時計も他馬とはひとつもふたつも違う。
唯一の2着が重賞ゴールドカップ(1500)
重賞だが同じ距離。
併せ馬にしないで外から差したのがトキノエクセレント。
3着は道中番手で後方を牽制していた同厩舎のサトノタイガー。
今回も同厩舎のビーインラプチャーが出走してる。
ビーンラプチャーがサトノタイガーの役目を今回はするのか。
だとしても他の厩舎もそれは想定済み。
サトノアビリティーだって喧嘩するんじゃなかいだろうか。
逆転があるとすればモリデンルンバ。
トキノエクセレントの競馬を今回はモリデンルンバがしたらどうか。
マイルでは取りこぼしが多いが100m短縮すれば切れるはず。
成績がそう物語ってる。
まともならレアヴェントゥーレだが取りこぼしがありそうな感じがする今回のレース。
レアヴェントゥーレが負けるなら外から差してくる馬。
勝つなら大逃げでそのまま。
それならそれで諦めもつくってもんだ。
3連単
⑥⑨-⑥⑨-⑦⑧⑪⑫
⑥⑨-⑦⑧⑪⑫-⑥⑨

結果

2017052909.jpg

浦和初日、UPした予想は展開がまったく読めてませんでした。
9Rリバーフルパワー、本来は先行する馬。
それがあんなに後ろでは前有利の馬場の今日では無理。
メインのドゥーアールは自分の競馬をしての結果なので
今日は上位の馬が強かったということ。
それとテン乗りの中野では仕方ない。

初日を終えて馬場は少し掴んだので明日はもう少しましな予想にします。

今日の馬場を読んで6Rと10Rをやりました。
10Rの展開予想は矢野が逃げて的場以下が追う予想で買いました。
結果は的場が逃げて繁田以下が追う展開で逆でしたがそれが的中。

2017052906.jpg
2017052910.jpg


これで今日の負けを回避出来ました。


仕掛け処を間違うと馬券にならない浦和開催。
明日も基本先行有利。
騎手の腕で3角4角から仕掛ける。
そこの読み合いが浦和攻略になりそうです。

浦和競馬初日

土日の中央は大惨敗^^;

土曜日の高知万馬券があったのでそれで相殺でした。

ナイター競馬が続いたが
久しぶりに昼間開催。


浦和9R行田在来青大豆賞
C1の1500戦。
リバーフルパワーから。
3連複
⑩-③⑤⑦⑨⑪


浦和11R皐月特別
B3の1500戦。
1500得意のドゥーアールから。
馬単折り返し
⑪⇔①④⑤⑦⑩


考察なしのさっぱりバージョンで。

東京優駿(日本ダービー)・九州ダービー栄城賞

いよいよ、ダービー。


昨日まで悩んで悩んで結局結論出ません。

ただ先週の馬場と今週の馬場は真逆の芝になりました。


東京10R東京優駿(日本ダービー)
先週の馬場は先行押切りの芝だった。
昨日は一転、差しが決まりだしてきた。
青葉賞は芝が早かったと言われてるけど
それは皐月とて同じ。
青葉賞で衝撃を受けたのはあまりなかった。
観衆の歓声も青葉賞の比じゃないく大外枠は嫌われる。
それを承知でアドミラブル。
青葉賞当日の馬場。
マイルの1000万秩父特別で1:34:2
500万の10ハロンで2:00:9。
それほど速い時計とは思わないのだが。
その日の青葉賞であの時計で勝ったのだから非凡な能力。
勝つのは無理でも馬券圏内ならありそう。
相手は毎日杯で2着のサトノアーサーを入れての皐月賞上位組。
3連複
⑱-①⑦⑪-①⑦⑪④⑤⑥⑫



今日からダービーシリーズ。

第1弾は九州ダービー栄城賞
南関東では結果が出なかったが佐賀に戻れば1枚上のスーパーマックス。
復帰戦も大差で勝利ならここは通過点。
3連単
③→⑨⇔④⑧⑩ 
ワイド
⑧-⑩

土曜競馬

昨日までの雨が嘘のように今日は晴れ。
今日は暑くなるので熱中症に気をつけて下さい。
昨日の会議でも熱中症対策の議題が出たけど
もうそういう季節になってきました。

競馬場に出かける際には水分補給をお忘れなく。


競馬口座を減らすことなく土曜日を迎えたのは久しぶり。
これをもっと増やさないといけないですね。


午前中に何とか仕事を終わらせて
午後からはパソコンのモニターはGCwebを映しましょう。


東京競馬場は芝は稍重、ダートは重。
やはり昨日の雨が影響してるんですね。


東京11R欅ステークス
ワンターンのダート1400。
先行押切で勝てそうな感じだが
府中1400のイメージは先行が潰れて外差しが浮かぶ。
エイシンバッケンを除けば人気の馬は先行が多い。
ただエイシンバッケン、休み明けが引っ掛かる。
ここは差しても競馬が出来るタムロミラクル。
デムーロとの相性もいいし社台の有力馬もいなければ
デムーロも社台に遠慮することもなく競馬が出来る筈。
持ち時計に難があるが目を瞑る。
馬連ワイド
⑤-③⑧⑪⑮


京都11R朱雀ステークス
こちらは芝の1400。
前走1000万を勝ったばかりだが
その前走は落鉄しながらの勝利のヒルノマゼラン。
昇級戦になるが芝1400なら侮れない。
ここは手広く。
3連複
⑬-①⑦⑩⑪⑫⑭

結果

9時前に戻れました。
レースは録画していたのを見たけど9Rは惜しかった。


でもこっそり3連複を追加していました(ズルい!!)
2017052609.jpg


これが当たったので今日もプラス^^;
メインはどうした?
まったく競馬になってませんでした。
フライングショット7着。
まったく競馬になってませんでしたね。
見込み違いでした。
それにしてもサブノジュニア強かった。
完敗です。

今開催は綱渡りの大井でした。

大井競馬最終日

的場ウィークも最終日の大井競馬。

しかし、予想はしても今日は夕方から千葉で会議なので実況は見れない。
帰ってからネットのリプレイで楽しむことにします。


朝から降り続いてる雨は昼過ぎまで止む気配はない。
夕方上がるものの夜に再びの雨。
雨の情報を参考に今日は重~不良馬場。


大井9Rプレアデス賞
B1B2混合の1800戦。
中央500万から転入のデュアルフレイム。
中央1000万から転入のザンブローネ。
横浜大岡川桜並木特別で対戦してデュアルフレイムが先着。
しかし力差はそんなに感じない。
それに勝ったターフデザイナー。
次走のB1B2混合で惨敗してるならレースレベルは高くないだろう。
それなら爽春賞を勝ったコスモカット。
ミラノボヴィッチを先に行かせて番手から抜け出し。
パンパンの良馬場でレノンの差し脚を封じた二の脚は1800でこそ。
人気はデュアルフレイムにザンブローネが分けるだろう。
共に38秒台の脚を使うが先行して38秒の脚を使えるコスモカットに分がある。
それに馬場が渋れば昨日と違って前が残りやすい。
馬単折り返し
④⇔⑤⑥⑦⑨⑩


大井11R優駿スプリントトライアル
1着2着馬に6/27の優駿スプリントの優先出走権が与えられる。
6ハロンで連勝のサブノジュニアに飛びつきたくなる。
持ち時計も優秀。
しかし先行激化のメンバーなら取りこぼしはないか?
案外混戦になるレースかもしれない。
的場が圧勝したら諦めもつく。
何てったって的場ウィークなのだから
最終日の重賞を勝てばそれこそ大井競馬場は盛り上がる。
だがここは波乱になると決め打ち。
外から内の先行争いを見ながらの競馬が出来るフライングショット。
道営時にはイノセントカップでバンドオンザランの3着。
サッポロクラシックでは重賞クラウンカップを大差で勝ったローズジュレップを破ってるのだ。
そのクラウンカップではバンドオンザランは5着。
先行脚質のバンドオンザランよりもこちらのほうが短距離適性はある。
そして重適性もこちらが上。
仕上げには定評のある出川師。
10年も昔なら連対率が60%なんて時代もあったほどの名伯楽。
レース選択には長けてる。
今年だって勝ち星こそ少ないが連対率は40%を超えてる。
その名伯楽が選んだレースなら勝算があるんだろう。
今は小久保だが出川師だって今も名伯楽なのだ。
師のレース選択を信じたい。
馬単折り返し
⑪⇔①②③④⑥


帰ってから増えてることを願います。

結果・ダービーシリーズ2017

2017052511.jpg

7Rは東原内に突っ込んでヒヤヒヤしたけど残した!

反対に9Rは矢野なにを思ったか内に進路。
その時点で終わりました。

今日は内は伸びない。
ロスがあっても大外ぶん回しが正解。

この傾向は明日はもっと顕著でしょう。

東京優駿(ダービー)の枠が発表になりました。

が、ちょっと待った~~~~!

去年まではダービーウィークとして地方競馬のダービーがありました。
今年からダービーシリーズとして新たに高知優駿、金沢の石川ダービーを加えた8戦になります。
東京優駿(ダービー)の後は九州ダービー栄城賞もお忘れなく。

ダービーシリーズ

大井競馬4日目

的場ウィークも4日目の大井競馬。

今日は天気が不安で雨になるかもしれない。
これを書いてる現在は雨は止んでるけど
家を出る5時過ぎは雨が降っていた。
夜がどうなるかは予想の段階でしかないけど
良馬場と言っても昨日のような感じじゃないでしょう。
先行天国は薄れてきてきっと今日は差し天国になるはず。
極端な追い込みは今までは効かなかったが
今日からは届くこともあるんじゃないだろうか。


大井7R
C2の6ハロン戦。
中央から道営に転入して道営から転入したビットマップ。
道営では結果を出していたのに大井では詰めが甘い。
決してクラス泣きしてる訳じゃないはず。
そうなると騎手。
転入してからずっと柏木。
ここで東原に変わるのはいい。
東原、上手くないけど穴をあける。
それに今日はこの1鞍だけしか騎乗がない。
メイチで騎乗してくるはず。
馬連3連複
⑨-②③⑧⑫⑬


大井9R
B3の6ハロン戦。
マコーミックの前走のC1戦。
下手なB3戦よりもレベルが高い。
1番人気で2着だったクラウンハンター。
次走でしっかり勝ち上がり。
3着だったミッドアイガー。
クラウンハンターの勝ったレースで2着。
人気になるだろうがクラスが上がっても通用する。
しかも前半先行して下がりながら直線では差し切る競馬の前走は強い競馬だった。
先行差し自在の脚は今の馬場に合ってる。
人気でもマコーミックから。
馬単折り返し
⑥⇔⑤⑧⑨⑩⑭


大井11Rスポーツ報知賞
A2B1のマイル戦。
調教動いたブレーヴマン、ヘミングウェイが同居した4枠から枠単。
枠単折り返し
4⇔1,5,7

結果

2017052412.jpg

ウマノジョーの狙いは完璧も相手がいない!
予想に勝って馬券に負けた感じです。
でもウマノジョー勝ったからいいや。

赤レンガ記念は完璧でした。
配当はこんなもんですけどこちらは満足です。

今日は大井で先着7000人に的場ストラップを配布するというので
仕事を抜け出して貰ってきました。
当然、貰ってすぐにUターンして仕事でしたけど^^;

貴重なレアな記念グッズ。
嬉しいです(^^)
IMG_1224a.jpg

大井記念・赤レンガ記念

大井競馬も3日目。

去年、ケイアイレオーネが的場で優勝した大井記念が開催。
的場は大井記念9回も優勝してるのだ。
改めて凄い!


昨日までは前残りの競馬が多かった。
砂洗浄機のレンタル期間は今月まで。
洗浄情報は4月で終わってるが
1月から毎月洗浄をしていたので
とにかく水はけがいい。
ハローがけの深さを少し深くするだけでも違ってくる。
きっと1月からの洗浄が効果を発揮してるんでしょう。
今日も前半のレースは前有利。
レースが進んだ後半は砂が慣れてきて差しも決まる砂に変化と見る。


大井11R大井記念
大井記念が2000mになったのは2014年から。
それまでは2600mのマラソンレース。
距離が変わって傾向も変わった。
2000mになってまだ3回。
2014年:1番人気ー12番人気ー4番人気
2015年:4番人気ー5番人気ー9番人気
2016年:1番人気ー5番人気ー3番人気
やはり堅いレースじゃない。
だけど1番人気の信頼度は高そう。
前売りでケイアイレオーネが1番人気。
これは的場効果なので応援馬券を外すとユーロビートでしょう。
ステップレースはブリリアントカップ経由が一番いい。
ならばムサシキングオーとなるがムサシキングオーのこれまでの大井記念までの結果。
2015年:ブリリアントカップ2着→週刊ギャロップ2着→大井記念5着
2016年:ブリリアントカップ2着→大井記念11着
どうも相性が悪そう。
ならば同じブリリアントカップから改めて狙いたいウマノジョー。
前走は鞍上が勘ちゃんなら度外視。
レースを見直しても下手だった。
今回は岩手から山本が駆け付けた。
対ユーロビートでは常に着順は1つ下だが今回はウマノジョーのほうが適距離。
しかも斤量差が4キロあれば3度目の正直で何とかしてくれないか、山本。
きっと後方一気の競馬をするはずだから道中先行争いで消耗しなければ足りると思うのだが。
怖いのはクラージュドール。
普通に競馬しても太刀打ちできないので今回は極端な競馬をすると森のコメント。
一気にハナを叩くか思いっきり後方に下げて直線に賭けるか。
大外に前に行きたいケイアイレオーネがいるなら一気の逃げで自分のペースを作る。
森は逃げると読んでるけど追い込みに賭けても怖い。
牝馬のタイムビヨンド。
暑くなって調子が上がってる。人気がないなら美味しい。
トロワボヌールと0.8差の3着があるなら嵌れば。
馬連
⑧-⑤⑫⑮⑯
ワイド
⑧-⑤⑩⑮


門別では重賞赤レンガ記念。

門別12R赤レンガ記念H3
こちらも大井記念同じ2000m
そして距離が2000になったのは2015年から。
2015年がウルトラカイザー、キタノイットウセイ、グランプリブラッドで堅い決着。
2016年はオヤコダカ、ヘブンズゲート、アートガウディで1番人気のグランプリブラッドが4着に沈んで波乱の決着。
まだ2000mは2回なので傾向がわかりません。
今年はオヤコダカの連覇が濃厚。
まだまだ5歳、ここで負ける訳にはいかない。
南関東から移籍はドラゴンエアル。
レベルの高い去年のブリリアントカップを優勝してるならここで通用してもおかしくない。
オヤコダカ頭固定の3連単で。
3連単
③-⑨⇔④⑤⑦⑧

結果

2017052311.jpg

今日は出来すぎです。

何が嬉しいって予想した通りの展開で勝ったこと。
配当云々よりも読み切れたのが嬉しいです。

勝ち逃げします。

大井競馬2日目

大井競馬も2日目。


赤に星で埋め尽くされてる今開催の大井。
金曜日までは的場一色だ。


初日の大井の馬場。
いつも以上に前残りの傾向が強い。
しかも内でも粘る。
当然、前が速いと差しが決まるが展開次第。
基本は前残り。
今日くらいまではその傾向は変わらないと思う。

昨日は瀧川が後半3勝の固め打ち。
地元勢では矢野が2勝。
今日は地元の騎手が巻き返す。


大井1R
C3の6ハロン戦。
エビスシハーブの前々走。
キタノカミカゼの2着。
道営から転入緒戦のキタノカミカゼ。
次走のC3の1組2組でも優勝。
エビスシハーブの前走で勝ったのは前々走で3着だったディープフォレスト。
上位3頭は全て前々走で一緒に走ってた馬。
前々走を物差しにするとレベルは高い。
ここはエビスシハーブの軸。
相手もエビスシハーブの前々走で5着だったウィズリーガーデン。
前走同じレースで5着だったヒワノランニングに4着だったハヤカゼ。
ジンナムジャにソライロノハナ。
馬単折り返し
①⇔⑤⑥⑦⑩⑫
3連複
①⑤-⑥⑦⑩⑫


大井6R
C2の6ハロン戦。
順調に使えなかったスイートザザ。
休養を挟みながら復活。
船橋から大井に移籍して大井の砂にも慣れた。
ここも通過点。
馬単
④→②⑤⑦⑧


大井11Rゆりかもめオープン
6ハロンのオープン戦。
これだけ逃げ先行が揃えばラクテの差し。
3連複
②-①④-①④⑤⑥⑧⑨

結果

2017052211.jpg

今日は大井が赤く染まった。
きっとどこに行っても赤一色だったでしょう。

勝負の8Rは的場勝利で7001勝目。
馬券は相手がいない。

メインはガチガチだったけど予想は当たった。
返還もあったのでちょっとだけ多かったけど大赤字。



私の的場の思い出。

ブルーファミリー  東京ダービー

羽田盃まで無敗で勝ち進んできたブルーファミリー。
間違いなく無敗で東京ダービーを制すると思ったけど
大井2400で外枠。
ちょっと嫌な予感がしたけど大丈夫と言い聞かせた。
しかし、惨敗。
枠連しかなかったので同枠のタイコウストームが2着で馬券は当てたけど複雑だった。
的場、これが一番の東京ダービーのチャンスと今でも思ってる。
しかし、3冠目の東京王冠は勝った。
当時のダービーは2400。
羽田盃が2000。3冠目の東京王冠が2600だった。

大井競馬初日・的場ウィークの始まりだ!

大井競馬初日。
地元大井で7000勝を達成したかった的場。
今日は7000勝達成祝賀セレモニーがメイン終了後に実施。
そして的場のサインをプリントした祝賀フラッグ「MATO-BATA」も配布される。
ん~~、行きたい!
今開催の大井競馬場は的場一色になりそうです。


大井8R
C1の6ハロン戦。
生粋の南関東馬のクインズジェイド。
デビューから一貫的場が手綱を取ってる。
調教師の立花。
騎手時代はパッとしなかったが後輩の為に的場が頑張る。
距離も1200オンリー。
今日は7鞍騎乗の的場。
8Rの後は11Rのアクティフが最後。
8Rまでに5鞍も騎乗してる。
そこそろ疲れが出るかもしれないが馬券は外すまい。
馬単折り返し
⑩⇔①⑤⑧⑨⑫


大井11Rジェイド賞
B1B2混合の6ハロン戦。
初日の大井、どうしても前残りの競馬になりそう。
レースを観てないから何とも言えないけど
きっと初日は前残り。
大井デビューして8勝2着1回と連対パーフェクトで中央移籍したアピア。
さすがに中央の壁は厚く未勝利で再びの大井。
デビューの佐々木厩舎から藤田厩舎への再転入。
前走は太目に加えて骨っぽいA2の紅梅賞。
結果は5着だったが強い競馬だと思う。
しらさぎ賞を勝ったニシノラピートが14着。
ブリリアントカップでクラージュドール、ウマノジョー、サブノクロヒョウを抑えて2着のレーザーが9着。
この日の馬場は差し追い込み天国の馬場。
上位3頭は人気薄で追い込んでのもの。
先行していた馬はニシノラピートを含めて14着15着16着と最下位から数えてのもの。
先行馬が崩れた中逃げて5着はメンバー中一番強い競馬をしたと言ってもいい。
鞍上が吉原だったからの結果かもしれないが矢野もそれは承知だろう。
出来るなら主戦だった御神本に騎乗して欲しかったが未だ復帰ならず。
今回1番人気必至だが逆らう理由が見つからない。
相手は混戦。
馬単折り返し
②⇔①⑤⑧⑨⑭


今日から的場ウィークの大井開催。
1週間的場尽くしの大井競馬場になります。

結果

2017052111.jpg

オークスは見ごたえあるレースでした。
やはりソウルスターリング怪物でしたね。
ジェンティルドンナが勝ったオークス。
1:23:6は優駿牝馬レコード。
今日の勝ち時計の1:24:1はそれに次ぐもの。
レースレベルはかなり高いものとなりました。
1着から5着までが全て24秒台で走ったのですから
今年の3歳牝馬のレベルの高さを物語ってます。
期待のレーヌミノルは13着。
こんなもんでしょう。
やはりマイル当たりまでがいいのかも。
決して弱いとは思いません。
ソウルスターリング名牝の仲間入りでしょう。
やはりフランケル恐るべしでした。
遠征よりも関東が良さそう。
それなら遠征のない有馬、ジャパンカップ、天皇賞秋、安田記念などで活躍出来そうです。
今後に期待したいですね。


いよいよ来週はダービー。
オークスの無念はダービーで晴らしましょう。

新潟は当たりました。

日曜競馬・優駿牝馬オークス

快晴どころかきっと昨日のような暑さになりそうな日曜日。

絶好のオークス日和になりました。


東京11R優駿牝馬オークス
まずは桜花賞。
断然人気のソウルスターリングが3着。
輸送があったからかもしれないが
それはチューリップ賞で克服してる。
馬場が、とかあるけどそれってソウルスターリングだけ?
出走した17頭全部同じ条件で走ってる。
なので阪神桜花賞では弱かったから負けただけ。
それは騎手のファクターもあるかもしれないが負けは負け。
ステップレースでの比較論はG1では無用。
あれだけのメンバーの桜花賞。
勝ったレーヌミノルの評価が低すぎる。
血統で嫌われてる感があるが過去にもそういうのはいた。
最近ではジェンティルドンナ。
桜花賞を勝ったのにオークスでは3番人気。
しかしオークス圧勝。
そして稀代の名牝にまでなった。
まだまだ春の牝馬はわからんって。
古くはファイトガリバー。
10番人気で桜花賞を勝ってオークスでは4番人気でエアグルーヴの2着。
距離不安視されても2着。
しかも非社台の馬。
3着は桜花賞1番人気で9着だったリトルオードリー。
この馬こそ血統的に短距離馬でしょう。
それが3着。
夏前までの若駒は距離は何となく持っちゃうもんだ。
オークスってのはマイラーでも克服しちゃう唯一のレース。
これは血統論とかじゃなく過去のオークスがそう物語ってる。
距離不安よりも桜花賞を勝った馬が人気を落としても馬券に絡む確率が高いほうを取る。
今年の桜花賞の決着の34秒台はファイトガリバーと変わらない。
ファイトガリバーとレーヌミノルがダブってしまう。
天才田原が大外から一気にエアーグルーヴに迫ったあの時と同じように。
桜花賞同様に人気が落ちてる今回も狙い目。
馬単折り返し
⑬⇔①②③⑭⑯
3連複
⑬-②⑭-②⑭①③⑦⑧⑯


新潟11R韋駄天ステークス
直千のオープン戦。
過去3年、リピーターのレース。
しかし韋駄天ステークス常連のネロ、アースソニックらが出走なく今年はリピーターなしのレース。
それならば直千OP重賞で好走のあったシンボリディスコ。
常連がいないなら勝負になるはず。
馬単折り返し
⑭⇔③⑧⑨⑪⑫

結果

2017052011.jpg

何とかメインまでに帰ってこれました。
それにしても関東地方は暑い!
Tシャツだけでも過ごせます。

平安ステークス、川田勝っちゃいました^^;
あの勝ち方されたら仕方ないです。
東京はデムーロ2着になってくれたおかげで元になりました。

土曜競馬

いつもの土曜日なら2時くらいには仕事を片付けて競馬を見れるのですけど、今日は外出しないとならないので会社に戻るのが3時くらい。
果たして中継は見れるのか。


京都11R平安ステークス
例年、先行する馬が馬券に絡む京都1900の平安ステークス。
極端な追い込みは苦しいということか。
活きのいい4歳のグレイトパール。
鞍上が川田以外だったらすぐに飛びついたが
川田では信頼よりも不信のほうが大きい。
それなら去年の優勝馬、アスカノロマンから。
去年の斤量から1キロ恩恵を受けての57キロ。
相性の良い京都なら走るはず。
相手はグレイトパール。
前走不利がありながら勝ち馬と0.5差だったタガノエスプレッソ。
松山に変わるのは川田より良さそうなロンドンタウン。
武なら走る去年の3着のクリソライト。
そして遠征が鍵のグレンツェントまで。
馬単折り返し
⑦⇔⑨②⑪④⑮


東京11Rメイステークス
素直にアストラエンブレムから。
馬単折り返し
⑨⇔①⑤⑧⑥⑪


結果

2017051910.jpg

やっと電撃戦が当たりました。
好き、と、当たるは別ですね。
それでも最終日に当たったのでよかった。

メインは駿を最後の最後に切ったら2着。
3着でいいのに・・・・・・


川崎競馬最終日

川崎競馬も最終日。
最後はビシッと当てて締めましょう。


川崎9R韋駄天特別
B3C1の900戦。
電撃戦ばかりを選んで予想してるがまったく当たらない。
それでも短距離戦は楽しい。
キョウエイビーナスは3歳時に対古馬戦でも結果を出してる。
柏木では3着を外したのは2回だけ。
複勝率にするとなんと8割。
相性抜群なのだ。
久しぶりの騎乗だった前走も3着。
今まで控えて差してくる馬を先行させての3着は価値ある。
脚質に幅が出てきた今ならどの位置でも競馬が出来そう。
そして寒い時期が苦手なこの馬には今日の暑さは追い風。
繊細な牝馬ゆえに気温も影響する。
相手は人気だが内枠を引いたシャウトオブジョイ。
前を見ながらの競馬のリュウノタケシツウ。
開業2年目で今年は去年の比じゃない平田厩舎のアローズ。
ハナを切らなくても競馬は出来る筈。
中央から転入して未勝利だが距離短縮で活路がありそうなアヴァール。
馬単折り返し
②⇔①③④⑨


川崎10R小田原市特別
B2B3の1500戦。
中央1000万からの転入で馬券を外してないデルマハンニャ。
B3との混合なら力上位。
相手探しのレース。
馬単折り返し
③⇔⑤⑥⑦⑨

結果・愛馬情報

2017051811.jpg

取り消しがあったけど
それでも④はきっと買ってない。
返還の400円でメインを買いました。
明日に備えます。



愛馬情報が更新されてました。


ジェネラルシップ

ジェネラルシップ
父ルーラーシップ
母バロネッセ
母の父Theatrical
牡2歳
美浦:黒岩陽一厩舎

2017/05/18
美浦トレセン
美南W良  57.1 41.7 12.8  G前仕掛け
スプリングマン馬ナリの内を0.6秒追走同入
木幡初也騎手が騎乗して、ウッドチップコースで併せ馬で追い切り。テンは1馬身ほど追走。道中の行きっぷりは良く、手綱を抑えながら前との差を詰め、並んで直線に向く。終いは相手の動きに合わせて楽に加速し、余力を残して併入。周回コースでの追い切りは本日は初めてだったが、しっかりとハミを取り、最後まで集中して走れていた。デビュー戦については、今のところ、6/11東京芝1800・混が候補として挙がっている。「ウッドチップコースの追い切り1本目としては充分な動きでしたね。馬場に入ってすぐはフワフワしていましたが、スピードが乗ってきたらグッとハミを取り、集中して走れていました。仕掛けた時の反応も良かったですし、なかなか良い動きだったと思います」(師)

2017/05/17
美浦トレセン
ダートコースで普通キャンターで調整。明日、追い切り予定。今のところ、東京開催前半でのデビューを目標としており、今後の追い切りの動きを見ながら出走レースを決めていく。「先週末も15-15程度で動かしていますが、今のところ、ヘコたれた様子はないですね。調教では気が入ってガーッと走る時とそうでない時があり、気持ちにムラがあるので、そのあたりはこれから改善していきたいですね」(師)


今までは坂路での調教でしたが今日はウッドですね。
いよいよレースを想定しての調教。
2歳で初のウッドにしてはいい時計でしょう。
しかも騎手を鞍上の調教。
日時も具体的に出て来ました。
6/11東京芝1800ですか。
距離はこなせるので楽しみになりました。



アプローズスカイ

アプローズスカイ
父マンハッタンスカイ
母ソプランマリダフ
母の父Persian Bold
牝3歳
栗東:吉村圭司厩舎

2017/05/18
栗東トレセン
坂路(普通キャンター)→E(ゲート練習)
昨日に続き、本日もゲート練習を行った。消音ゲートに誘導するが、嫌がってなかなか入っていかず。前扉を開けても同様に拒否。鞍上に促されなんとか枠内に収まると、そこからは大人しく駐立していた。何度か繰り返すうちにスムーズにこなすようになっていたが、もう少し慣れが必要かもしれない。まずは試験合格が目標。「隣の馬がガタガタしていたので、それで怖がって近寄っていかなかったみたいです。でも、入ってしまえば大人しいですからね。このくらいなら大丈夫だと思いますよ。まだ普通のところしか乗っていませんが、坂路ではなかなか良いキャンターをしています。貴重なマンハッタンスカイの産駒ですし、良い結果が出せるように頑張ります」(助手)

2017/05/17
栗東トレセン
坂路(普通キャンター)→E(ゲート練習)
入厩後も環境の変化に戸惑うことなく、順調にトレセンでの調教をスタート。本日からはゲート練習も開始している。入りは問題なく、枠内でも大人しく駐立。ただ、消音ゲートでの発馬はひと息でダッシュも速くはなかった。2本目で若干寄り付きを嫌うところはあったが、入ってしまえば大丈夫。出も1本目よりは反応しており、この感じであればすぐに覚えてくれるだろう。このあとは軽く時計を出しながら試験合格に向けて調整していく予定。「トレセンにきてからも順調ですよ。飼い葉もしっかり食べていますし、環境が変わっても特に気になるところはありません。ただ、ちょっと怖がりなのかもしれませんね。それで1回ゲートから出したら、次は少し躊躇していたんでしょう。でも、3歳のこの時期ですし、どんどん進めていきます。あまりゆっくりもしていられませんからね。週末には15-15を切るくらいで時計を出してみるつもりです」(師)


こちらはまだゲート試験がパスしてないですね。
それに登録もされてないのでしばらく時間がかかるでしょう。
それでも1回か2回は走る姿を見れそうなので安心しました。
こちらは7月の中京あたりでしょうか。
マンハッタンスカイ産駒はユニオンオーナーズの馬しかいません。
数少ない産駒。
マイナーな種牡馬ですが血を残して欲しいものです。
牝馬なので繁殖に上がれば血は受け継がれるでしょう。


2歳の馬のほうが早くレースに出れますね。
勝ち上がりも2歳のほうが早いかも。

いずれにしても楽しみが増えました。

川崎競馬4日目

川崎競馬も4日目。


昨日の的場の7000勝の余韻がまだ残ってる朝。
きっと今朝も調整ルームで若手相手にマイペースなんだろうな。
ツイッターに一服してる写真があったけど
やはりこの年代は愛煙家が多いのだろう。
若手との会話を見てると
まるでじいちゃんと孫の会話だ。
そういう雰囲気もまた的場の魅力なんだろう。


石崎、的場、同年代。
船橋は石崎。
大井は的場。
ついでに川崎は現役最年長の森下。
まだまだ現役。

「ただのおじさんにはいつでもなれる。60歳が命がけで頑張ってる姿をこれからも見てもらいたい」

名言。


年を取るってことは案外いいことなんだぜ。
現役で頑張ってるじいちゃんなんて格好いいじゃないか。


川崎10R夏柳特別。
B2のマイル戦。
ここはベイビータピット。
3着は外すまい。
相手はちょっと捻って買ってみる。
3連複
⑨-①⑤⑥⑪⑫


これが外れたら明日の最終日の為に閉店。

結果・祝7000勝!おめでとう、的場。

馬券は外したけど、重賞で的場が7000勝!
本当は大井で達成したいと思っただろうけどそれでもよかった!

おめでとう!!!!!!!


今日は負けたけど的場が勝ったので全部OKです。
こんなうれしいことはない。


優勝インタビューの的場。
なんて可愛いんだ。
正直者だな。
絶対大井で達成したかったのがありありと感じた。
何回も大井で達成できればよかったけどと話していたが
やはり大井が好きなんだな。
ますますファンになってしまった。
それに竹見に対しても真摯な態度でやはり大井の重鎮だ。
竹見に的場。
なんてすごいツーショットだ。

あぁ~~行きたかった!!


同い年としては、とても勇気づけられます。

川崎競馬3日目

川崎7R
C1の1400戦。
ここは何が勝ってもおかしくない混戦。
期間限定の藤井。
川崎で世話になってる自厩舎のクインズケリド。
義理があるのでメイチで攻めてくるはず。
ただ相手が難解。
もう何でもありなのでサイコロを転がして決めたいくらい。
馬連3連複
⑨-①③⑤⑩

川崎11R川崎マイラーズ
単複
④サクラレグナム

愛馬情報

更新がありました。

ジェネラルシップ

ジェネラルシップ
父ルーラーシップ
母バロネッセ
母の父Theatrical
牡2歳
美浦:黒岩陽一厩舎

2017/05/14
美浦トレセン
美南坂重 60.4 44.6 28.9 14.0  馬ナリ余力

2017/05/12
美浦トレセン
美南坂良 61.3 45.3 29.9 14.5  馬ナリ余力



まだ2歳の若駒なので時計はどうでもいいです。
坂路で追えてるのは好感が持てます。
すでにゲート試験はパスしてるので徐々に競走馬になってくれればいいですね。
こちらは順調です。



アプローズスカイ

アプローズスカイ
父マンハッタンスカイ
母ソプランマリダフ
母の父Persian Bold
牝3歳
栗東:吉村圭司厩舎

2017/05/16

栗東トレセン
信楽牧場では中間も順調に調整。適度に強めの調教を行いながら乗り込んだ。馬体も本馬としてはふっくらした状態をキープ。動きや体調も良好できっちりと態勢が整った。なお、先週の土曜日に栗東トレセン・吉村圭司厩舎に入厩している。「順調に乗り込むことができました。良い状態で送り出せたと思います」(担当者)


やっと入厩しました。
でものんびりしてはいられません。
こちらは3歳なのですから。
これからの未勝利戦はレベルが高くなってるので初出走の馬には苦しいレースになりそうです。
まずは栗東でじっくり時計を出して欲しいですね。



スパーキングガール16-5月写真

スパーキングガールの16
父ヘニーヒューズ
母スパーキングガール
母の父サクラローレル

4月中旬も、引き続き中島牧場分場で放牧されている。この中間、馬体のどこをとっても、大きくなったことが一目瞭然。四肢も太くなり、見た目にガッシリとしてきた。5月生まれながら当歳時から上々の馬っぷりを見せていたが、遅生まれらしく、ここにきての成長ぶりが顕著。これ以降、青草がついてからの更なる成長が、今からとても楽しみだ。中島氏は「馬体がさらにひと回り大きくなったようだし、病気や怪我なく元気で、順調そのものです。放牧地では、男馬らしく、仲間たちと相撲をとったりして、良く動き回っています。この後は、4月中には夜間放牧を開始しようと思っています」とのことだ。(2017年4月)


ガールちゃんの子供は元気そうです。
5月という遅生まれなので心配していましたが
今のところハンデはなさそうです。
順調に育って欲しいですね。

プロフィール

南関東

Author:南関東
地方競馬を
こよなく愛する
競馬好きです。


にほんブログ村

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
522位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
296位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索


RSSフィード
最近のトラックバック