大井記念・赤レンガ記念

大井競馬も3日目。

去年、ケイアイレオーネが的場で優勝した大井記念が開催。
的場は大井記念9回も優勝してるのだ。
改めて凄い!


昨日までは前残りの競馬が多かった。
砂洗浄機のレンタル期間は今月まで。
洗浄情報は4月で終わってるが
1月から毎月洗浄をしていたので
とにかく水はけがいい。
ハローがけの深さを少し深くするだけでも違ってくる。
きっと1月からの洗浄が効果を発揮してるんでしょう。
今日も前半のレースは前有利。
レースが進んだ後半は砂が慣れてきて差しも決まる砂に変化と見る。


大井11R大井記念
大井記念が2000mになったのは2014年から。
それまでは2600mのマラソンレース。
距離が変わって傾向も変わった。
2000mになってまだ3回。
2014年:1番人気ー12番人気ー4番人気
2015年:4番人気ー5番人気ー9番人気
2016年:1番人気ー5番人気ー3番人気
やはり堅いレースじゃない。
だけど1番人気の信頼度は高そう。
前売りでケイアイレオーネが1番人気。
これは的場効果なので応援馬券を外すとユーロビートでしょう。
ステップレースはブリリアントカップ経由が一番いい。
ならばムサシキングオーとなるがムサシキングオーのこれまでの大井記念までの結果。
2015年:ブリリアントカップ2着→週刊ギャロップ2着→大井記念5着
2016年:ブリリアントカップ2着→大井記念11着
どうも相性が悪そう。
ならば同じブリリアントカップから改めて狙いたいウマノジョー。
前走は鞍上が勘ちゃんなら度外視。
レースを見直しても下手だった。
今回は岩手から山本が駆け付けた。
対ユーロビートでは常に着順は1つ下だが今回はウマノジョーのほうが適距離。
しかも斤量差が4キロあれば3度目の正直で何とかしてくれないか、山本。
きっと後方一気の競馬をするはずだから道中先行争いで消耗しなければ足りると思うのだが。
怖いのはクラージュドール。
普通に競馬しても太刀打ちできないので今回は極端な競馬をすると森のコメント。
一気にハナを叩くか思いっきり後方に下げて直線に賭けるか。
大外に前に行きたいケイアイレオーネがいるなら一気の逃げで自分のペースを作る。
森は逃げると読んでるけど追い込みに賭けても怖い。
牝馬のタイムビヨンド。
暑くなって調子が上がってる。人気がないなら美味しい。
トロワボヌールと0.8差の3着があるなら嵌れば。
馬連
⑧-⑤⑫⑮⑯
ワイド
⑧-⑤⑩⑮


門別では重賞赤レンガ記念。

門別12R赤レンガ記念H3
こちらも大井記念同じ2000m
そして距離が2000になったのは2015年から。
2015年がウルトラカイザー、キタノイットウセイ、グランプリブラッドで堅い決着。
2016年はオヤコダカ、ヘブンズゲート、アートガウディで1番人気のグランプリブラッドが4着に沈んで波乱の決着。
まだ2000mは2回なので傾向がわかりません。
今年はオヤコダカの連覇が濃厚。
まだまだ5歳、ここで負ける訳にはいかない。
南関東から移籍はドラゴンエアル。
レベルの高い去年のブリリアントカップを優勝してるならここで通用してもおかしくない。
オヤコダカ頭固定の3連単で。
3連単
③-⑨⇔④⑤⑦⑧

結果

2017052311.jpg

今日は出来すぎです。

何が嬉しいって予想した通りの展開で勝ったこと。
配当云々よりも読み切れたのが嬉しいです。

勝ち逃げします。

大井競馬2日目

大井競馬も2日目。


赤に星で埋め尽くされてる今開催の大井。
金曜日までは的場一色だ。


初日の大井の馬場。
いつも以上に前残りの傾向が強い。
しかも内でも粘る。
当然、前が速いと差しが決まるが展開次第。
基本は前残り。
今日くらいまではその傾向は変わらないと思う。

昨日は瀧川が後半3勝の固め打ち。
地元勢では矢野が2勝。
今日は地元の騎手が巻き返す。


大井1R
C3の6ハロン戦。
エビスシハーブの前々走。
キタノカミカゼの2着。
道営から転入緒戦のキタノカミカゼ。
次走のC3の1組2組でも優勝。
エビスシハーブの前走で勝ったのは前々走で3着だったディープフォレスト。
上位3頭は全て前々走で一緒に走ってた馬。
前々走を物差しにするとレベルは高い。
ここはエビスシハーブの軸。
相手もエビスシハーブの前々走で5着だったウィズリーガーデン。
前走同じレースで5着だったヒワノランニングに4着だったハヤカゼ。
ジンナムジャにソライロノハナ。
馬単折り返し
①⇔⑤⑥⑦⑩⑫
3連複
①⑤-⑥⑦⑩⑫


大井6R
C2の6ハロン戦。
順調に使えなかったスイートザザ。
休養を挟みながら復活。
船橋から大井に移籍して大井の砂にも慣れた。
ここも通過点。
馬単
④→②⑤⑦⑧


大井11Rゆりかもめオープン
6ハロンのオープン戦。
これだけ逃げ先行が揃えばラクテの差し。
3連複
②-①④-①④⑤⑥⑧⑨

結果

2017052211.jpg

今日は大井が赤く染まった。
きっとどこに行っても赤一色だったでしょう。

勝負の8Rは的場勝利で7001勝目。
馬券は相手がいない。

メインはガチガチだったけど予想は当たった。
返還もあったのでちょっとだけ多かったけど大赤字。



私の的場の思い出。

ブルーファミリー  東京ダービー

羽田盃まで無敗で勝ち進んできたブルーファミリー。
間違いなく無敗で東京ダービーを制すると思ったけど
大井2400で外枠。
ちょっと嫌な予感がしたけど大丈夫と言い聞かせた。
しかし、惨敗。
枠連しかなかったので同枠のタイコウストームが2着で馬券は当てたけど複雑だった。
的場、これが一番の東京ダービーのチャンスと今でも思ってる。
しかし、3冠目の東京王冠は勝った。
当時のダービーは2400。
羽田盃が2000。3冠目の東京王冠が2600だった。

大井競馬初日・的場ウィークの始まりだ!

大井競馬初日。
地元大井で7000勝を達成したかった的場。
今日は7000勝達成祝賀セレモニーがメイン終了後に実施。
そして的場のサインをプリントした祝賀フラッグ「MATO-BATA」も配布される。
ん~~、行きたい!
今開催の大井競馬場は的場一色になりそうです。


大井8R
C1の6ハロン戦。
生粋の南関東馬のクインズジェイド。
デビューから一貫的場が手綱を取ってる。
調教師の立花。
騎手時代はパッとしなかったが後輩の為に的場が頑張る。
距離も1200オンリー。
今日は7鞍騎乗の的場。
8Rの後は11Rのアクティフが最後。
8Rまでに5鞍も騎乗してる。
そこそろ疲れが出るかもしれないが馬券は外すまい。
馬単折り返し
⑩⇔①⑤⑧⑨⑫


大井11Rジェイド賞
B1B2混合の6ハロン戦。
初日の大井、どうしても前残りの競馬になりそう。
レースを観てないから何とも言えないけど
きっと初日は前残り。
大井デビューして8勝2着1回と連対パーフェクトで中央移籍したアピア。
さすがに中央の壁は厚く未勝利で再びの大井。
デビューの佐々木厩舎から藤田厩舎への再転入。
前走は太目に加えて骨っぽいA2の紅梅賞。
結果は5着だったが強い競馬だと思う。
しらさぎ賞を勝ったニシノラピートが14着。
ブリリアントカップでクラージュドール、ウマノジョー、サブノクロヒョウを抑えて2着のレーザーが9着。
この日の馬場は差し追い込み天国の馬場。
上位3頭は人気薄で追い込んでのもの。
先行していた馬はニシノラピートを含めて14着15着16着と最下位から数えてのもの。
先行馬が崩れた中逃げて5着はメンバー中一番強い競馬をしたと言ってもいい。
鞍上が吉原だったからの結果かもしれないが矢野もそれは承知だろう。
出来るなら主戦だった御神本に騎乗して欲しかったが未だ復帰ならず。
今回1番人気必至だが逆らう理由が見つからない。
相手は混戦。
馬単折り返し
②⇔①⑤⑧⑨⑭


今日から的場ウィークの大井開催。
1週間的場尽くしの大井競馬場になります。

結果

2017052111.jpg

オークスは見ごたえあるレースでした。
やはりソウルスターリング怪物でしたね。
ジェンティルドンナが勝ったオークス。
1:23:6は優駿牝馬レコード。
今日の勝ち時計の1:24:1はそれに次ぐもの。
レースレベルはかなり高いものとなりました。
1着から5着までが全て24秒台で走ったのですから
今年の3歳牝馬のレベルの高さを物語ってます。
期待のレーヌミノルは13着。
こんなもんでしょう。
やはりマイル当たりまでがいいのかも。
決して弱いとは思いません。
ソウルスターリング名牝の仲間入りでしょう。
やはりフランケル恐るべしでした。
遠征よりも関東が良さそう。
それなら遠征のない有馬、ジャパンカップ、天皇賞秋、安田記念などで活躍出来そうです。
今後に期待したいですね。


いよいよ来週はダービー。
オークスの無念はダービーで晴らしましょう。

新潟は当たりました。

日曜競馬・優駿牝馬オークス

快晴どころかきっと昨日のような暑さになりそうな日曜日。

絶好のオークス日和になりました。


東京11R優駿牝馬オークス
まずは桜花賞。
断然人気のソウルスターリングが3着。
輸送があったからかもしれないが
それはチューリップ賞で克服してる。
馬場が、とかあるけどそれってソウルスターリングだけ?
出走した17頭全部同じ条件で走ってる。
なので阪神桜花賞では弱かったから負けただけ。
それは騎手のファクターもあるかもしれないが負けは負け。
ステップレースでの比較論はG1では無用。
あれだけのメンバーの桜花賞。
勝ったレーヌミノルの評価が低すぎる。
血統で嫌われてる感があるが過去にもそういうのはいた。
最近ではジェンティルドンナ。
桜花賞を勝ったのにオークスでは3番人気。
しかしオークス圧勝。
そして稀代の名牝にまでなった。
まだまだ春の牝馬はわからんって。
古くはファイトガリバー。
10番人気で桜花賞を勝ってオークスでは4番人気でエアグルーヴの2着。
距離不安視されても2着。
しかも非社台の馬。
3着は桜花賞1番人気で9着だったリトルオードリー。
この馬こそ血統的に短距離馬でしょう。
それが3着。
夏前までの若駒は距離は何となく持っちゃうもんだ。
オークスってのはマイラーでも克服しちゃう唯一のレース。
これは血統論とかじゃなく過去のオークスがそう物語ってる。
距離不安よりも桜花賞を勝った馬が人気を落としても馬券に絡む確率が高いほうを取る。
今年の桜花賞の決着の34秒台はファイトガリバーと変わらない。
ファイトガリバーとレーヌミノルがダブってしまう。
天才田原が大外から一気にエアーグルーヴに迫ったあの時と同じように。
桜花賞同様に人気が落ちてる今回も狙い目。
馬単折り返し
⑬⇔①②③⑭⑯
3連複
⑬-②⑭-②⑭①③⑦⑧⑯


新潟11R韋駄天ステークス
直千のオープン戦。
過去3年、リピーターのレース。
しかし韋駄天ステークス常連のネロ、アースソニックらが出走なく今年はリピーターなしのレース。
それならば直千OP重賞で好走のあったシンボリディスコ。
常連がいないなら勝負になるはず。
馬単折り返し
⑭⇔③⑧⑨⑪⑫

結果

2017052011.jpg

何とかメインまでに帰ってこれました。
それにしても関東地方は暑い!
Tシャツだけでも過ごせます。

平安ステークス、川田勝っちゃいました^^;
あの勝ち方されたら仕方ないです。
東京はデムーロ2着になってくれたおかげで元になりました。

土曜競馬

いつもの土曜日なら2時くらいには仕事を片付けて競馬を見れるのですけど、今日は外出しないとならないので会社に戻るのが3時くらい。
果たして中継は見れるのか。


京都11R平安ステークス
例年、先行する馬が馬券に絡む京都1900の平安ステークス。
極端な追い込みは苦しいということか。
活きのいい4歳のグレイトパール。
鞍上が川田以外だったらすぐに飛びついたが
川田では信頼よりも不信のほうが大きい。
それなら去年の優勝馬、アスカノロマンから。
去年の斤量から1キロ恩恵を受けての57キロ。
相性の良い京都なら走るはず。
相手はグレイトパール。
前走不利がありながら勝ち馬と0.5差だったタガノエスプレッソ。
松山に変わるのは川田より良さそうなロンドンタウン。
武なら走る去年の3着のクリソライト。
そして遠征が鍵のグレンツェントまで。
馬単折り返し
⑦⇔⑨②⑪④⑮


東京11Rメイステークス
素直にアストラエンブレムから。
馬単折り返し
⑨⇔①⑤⑧⑥⑪


結果

2017051910.jpg

やっと電撃戦が当たりました。
好き、と、当たるは別ですね。
それでも最終日に当たったのでよかった。

メインは駿を最後の最後に切ったら2着。
3着でいいのに・・・・・・


プロフィール

南関東

Author:南関東
地方競馬を
こよなく愛する
競馬好きです。


にほんブログ村

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
217位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
111位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索


RSSフィード
最近のトラックバック